株主・投資家の皆様へ

 株主の皆様におかれましては、日頃より格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。
 第37期(平成29年3月期)中間期の当社の活動についてご報告いたします。

当期におきましては、「ビジネスを変革する(イノベーション)」をテーマに、8月に松本山雅フットボールクラブ(J2リーグ)とのITサービスパートナー契約を締結し、クラウドを活用したサービスの実証実験を開始するなど、新規ビジネスそして地域貢献への取り組みを進めております。

また、中期経営計画で掲げております「高収益体質の実現」、「Minoriブランドの確立と信頼度の向上」、「社員にとって働きやすい魅力ある会社の実現」という経営目標達成に向け具体的な施策を進めております。その施策の一つとして、9月には社内に向けて「健康経営宣言」を表明し、社員の家族や各ステークホルダーも含め、豊かな実りある会社の実現を目指し努力していく方針を掲げました。

 今後も引き続き、重点施策である業務品質と生産性の向上、人材の確保と育成、新たな事業分野への挑戦、ビジネスの高付加価値化とあわせて、役職員一丸となって取り組んで参ります。

 株主の皆様には、引き続きご支援をよろしくお願い申し上げます。

代表取締役社長 北村 正人