株主・投資家の皆様へ

株主の皆様におかれましては、日頃より格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

平成29年6月23日付で、代表取締役社長に就任いたしました森下祐治でございます。

私は、社会人当初より「システム・エンジニア」を職とし、また当社においては「プレイング・マネージャー」として、尽力してまいりました。この度、当社初めての「生え抜き社長」として就任させて頂きました。

当社は、「高付加価値経営」「働きやすい魅力ある会社」「Minoriブランドの向上」を基本戦略に定めた中期経営計画の下、新たな事業ステージへの飛躍に向けた取り組みを進めており、この取り組みを加速するために、「シンプル&スピーディー」(意思決定の迅速な経営)を新たに加え、トップとして、推進してまいります。

「高付加価値経営」戦略においては、当社が強みとする金融分野を始め、クラウド、IoT、ビッグデータ、AIといった各種新技術を活用した新分野への進出と、既存ビジネスのマーケットバリュー向上を進めていきます。

また、当社では数年前より本格的な「働きやすい魅力ある会社」作りに向けた取り組みを行い、3年連続で日本経済新聞社「人を活かす会社ランキング」へのランクインを果たしておりますが、この流れをさらに加速することで、企業としての魅力をアップし、さらには高付加価値なサービスを提供する魅力ある企業としての「Minoriブランド」向上の推進に向け取り組んでまいります。

株主の皆様には、引き続きご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

代表取締役社長 森下 祐治

^