ディスクロージャーポリシー

ディスクロージャーの基本方針

当社はすべての株主および投資家の皆様を始めあらゆるステークホルダーに対し、公平かつ適時、迅速な情報開示に努めてまいります。 情報の開示にあたっては、金融商品取引法およびその他の法令・規則を遵守するとともに、 当社の事業活動を幅広くご理解いただくために有効な情報につきましても、積極的に開示してまいります。

情報開示の方法

適時開示規則に該当する情報については、その定めに従い適時開示情報伝達システム(TDnet)を用いて公表するとともに、 公表した情報については、当社ウェブサイトに速やかに掲載いたします。また、規則等に該当しない情報についても、 投資判断に有用と思われる情報については、適宜、適切な方法で速やかに開示いたします。

沈黙期間

当社では、決算情報の漏洩を防ぎ、公平性を確保するため、各四半期決算期日の翌日から決算発表日までの一定の期間を沈黙期間とし、 決算に関するコメントや質問への回答を差し控えることとしております。 ただし、沈黙期間中に業績予想から大きく変化する見込みが出てきた場合には、適宜、情報開示を行うこととしております。

^